月々の送金件数が少なくても、事務手続きによるコストは発生します。
手続きの簡略化、時間短縮などでも十分にメリットを得ることができます。